マルコ「エロ本?」【進撃ss】

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 23:05:43 ID:.jiuxVoM

コニー「お前だって少しは持ってんだろ?ちょっと見せろよ!」

マルコ「えぇー…なんでいきなり?」

コニー「訓練兵って給与も少ないし、年齢的にもエロ本手に入れるの難しいだろ?それなら同じ部屋の奴等で共有しようと思ってな!」

ジャン「お前にしては珍しく頭を使ったな!コニー!」ガバッ

マルコ「ジャン…急にテンションあげないでよ…」

ジャン「だってここにいる限りは粗末な食事と朝早い訓練を我慢するしかないだろ?」

ジャン「食欲と睡眠欲が満たされない今!せめて性欲ぐらいは充実させたいじゃねぇか…!」

マルコ「まあ気持ちは分かるけど」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 23:06:41 ID:.jiuxVoM

コニー「だよな!よし!ジャンも持ってるの出してくれよ!」

ジャン「それより先にお前のを見せろよ。言い出しっぺなんだからさ」

コニー「それもそうだな!えーと、この辺に…」ゴソゴソ

コニー「ほら、これだ」バサッ

マルコ「あれ、これだけなの?」

ジャン「もっと大量に持ってるかと思った」

コニー「たくさん持ってたらこんな提案しねぇよ」

マルコ「それもそうか」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 23:07:20 ID:.jiuxVoM

コニー「この間抜き打ちの持ち物検査があっただろ?本当はもう少しあったんだが教官に没収されちまった…」

ジャン「お前いつもベッドの上に投げ捨ててあったもんな」

コニー「男部屋だから別にいいかと思って…」

マルコ「まぁあれはしょうがないよ…」

マルコ(コニーが絞られてる隙に皆がすごい俊敏な動きでエロ本を隠していた光景を僕は忘れない」

ジャン「ま、まぁとりあえず見ようぜ…」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 23:08:15 ID:.jiuxVoM

マルコ「へぇーすごい…」パラッ

コニー「だろ?だろ?」

ジャン「お前、巨乳好きだよなー。放り出してあったのも大抵巨乳ものだったし」

コニー「いいだろ別に。胸はデカければデカいほどいいんだよ!」

ジャン「いや、お前は分かってない!!!」

マルコ「うるさい」キーン

コニー「は、はぁ?どういうことだよ?」

ジャン「胸は大きさが全てじゃない。重要なのは形だ!」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 02:00:54 ID:o/e99cMI

たしかに中学生の頃は友達とエロ本の回し読みしてたな

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 09:32:05 ID:.IoLsL0E

コニー「形?」

ジャン「どんなにでかくても垂れて形が崩れていてはなんの価値もない!」

コニー「あ、あぁ・・・?」

ジャン「実際に見たほうが早いだろ。ほらこれだ」バサバサッ

コニー「おぉ!」

マルコ「また・・・これは・・・」

ジャン「巨乳ってほどではないがその代わり見るからにハリがあって弾力がありそうだろ?」

コニー「確かにエロい!」

マルコ「これは触りたくなるね」

コニー「ジャン・・・俺は間違ってたよ・・・おっぱいは大きさだけじゃないんだな・・・」ガジッ

ジャン「分かってくれたか!コニー!」ガシッ

マルコ「・・・・・・」

マルコ(ジャンのコレクション、全部黒髪だっていうのは突っ込まないほうがいいんだろうな・・・)

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 09:33:10 ID:.IoLsL0E

コニー「そういえばマルコ!お前のをまだ見てないぞ!」

マルコ「あぁ、そうだね。ちょっと待って」ゴソゴソ

ジャン「優等生のマルコはどんなん持ってるんだろうな~」ニヤニヤ

コニー「すげー変態臭いの持ってたりしてな!」

マルコ「何言ってんの・・・はい。これ」バサッ

ジャン「あ?お前もこれだけか?」

コニー「マルコも教官に没収されちゃったのか?」

マルコ「違うよ。むしろ見つからないように隠しやすい冊数に絞ってあるんだ」

ジャン「なるほどな。けど物足りなくないか?」

マルコ「まぁ、少しはね。けど厳選してあるから質は高いはずだよ」ペラッ

コニー「こ、これは!」

ジャン「無修正・・・!?」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 09:52:25 ID:.IoLsL0E

コニー「俺・・・お前のこと誤解してたよ・・・」ガシッ

ジャン「俺もだ・・・謝るよ・・・」ガシッ

マルコ「う、うん・・・どうも・・・(なんだこの二人)」ガシッ

ライナー「おい、ジャン。見回りの当番忘れてるだろ。サシャが探してたぞ」ガチャッ

ジャン「げ!?やべぇ!俺一旦抜けるわ!」

コニー「おう!また帰ってきたら話そうぜ!」

ジャン「あぁ!じゃあ行ってくる」バタバタ バタンッ

ライナー「・・・?なんだ?」

マルコ「まぁ簡単に言えばエロ本鑑賞会してたんだよ」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 09:53:14 ID:.IoLsL0E

ライナー「なんだなんだ!そういうことなら俺も混ぜてくれよ」ヨイショ

コニー「おうよ!それでエロ本を皆で共有しないかって話になったんだ!」

ライナー「お前こないだ没収されてたもんな・・・」

マルコ「でもお互いにとっても悪い話じゃないしね。ライナーもどうかな?」

ライナー「もちろんだ!こっちから頼みたいぐらいだ」

コニー「よっしゃあ!さすが俺たちの兄貴だぜ!」

マルコ「とりあえず今皆で出したの見る?これがコニーでこの辺がジャン、こっちのが僕の」

ライナー「マルコ・・・お前意外とすごいの持ってるんだな・・・」

マルコ「恐縮です」

コニー「なぁなぁ!ライナーのも早く見せてくれよ!」

ライナー「あぁ、ちょっと待てよ・・・」ゴソゴソ

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 11:26:40 ID:.IoLsL0E

ライナー「ほら、これだ」バサバサッ

マルコ「金髪青目の美少女系か・・・ライナーらしいね」

コニー「う~ん・・・あんまり胸もでっかくないし、そもそも露出が少なくねえか・・・?」ペラッペラッ

マルコ「確かに完全に曝け出してるってのはほとんどないね」ペラッペラッ

ライナー「・・・・・・お前らはなにも分かっていない」

コニー「??」

ライナー「自分の下着姿や半裸をおずおずとさらけ出す姿・・・!」

ライナー「その顔は羞恥にほんのり赤く染まり、目は潤んでいる・・・!」

ライナー「堂々と見せつけるような裸も確かに興奮する!!しかし!!」

ライナー「清楚な女の子が自分の前だけで恥ずかしそうにこんな姿を見せてきたらどうだ?」

コニー「!!!」

ライナー「恥じらい・・・これ以上に男の心を掴むものはないと俺は思う・・・!」

コニー「ライナー!やっぱりお前はスゲェよ!」ガシッ

ライナー「分かってくれたか!コニー!」ガシッ

ベルトルト「やっと訓練の片付け終わった・・・あれ?皆なにしてんの?」ガチャ

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 11:36:37 ID:.IoLsL0E


マルコ「エロ本共有鑑賞会」

ライナー「一気にまとめたな」

ベルトルト「うわぁ・・・そんなに床に広げて・・・」

コニー「真面目そうな顔しててベルトルトも持ってんだろー?出せよー」ゴソゴソ

ベルトルト「ちょっと・・・勝手に人のベッド漁らないでよ・・・」

ライナー「コニー、そっちじゃないぞ。ベルトルトはいつもこっちに隠している」ゴソゴソ

ベルトルト「ライナー!?」

マルコ「まあまあ・・・」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 11:51:19 ID:.IoLsL0E

バサバサッ

マルコ「ん?ベルトルトも金髪青目系?」

コニー「お前ら性癖まで一緒なのかよ・・・」

マルコ「ん~・・・まぁ貸し借りできていいんじゃない?」

ライナー「あーいや・・・俺とベルトルトは微妙に方向性が違うんだ」

ベルトルト「そうそう。ライナーの持ってる奴も悪くないんだけどちょっと好みと違うんだよね」

コニー「おい!ベルトルト!恥じらいって素晴らしいんだぞ!」

マルコ「君は本当に影響されやすいんだね・・・」

ベルトルト「恥じらいの素晴らしさは分かってるよ。でも僕の中で一番ではないかな」

コニー「そ、そうなのか・・・?」

マルコ「うーん、顔だけ見るとライナーはかわいい系、ベルトルトはクール系が好きなのかな?」

ベルトルト「そうそう。それも大きいけど、僕は脚の素晴らしさについて語りたい」

コニー「脚?」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 13:25:14 ID:1D7iSF2g

まあ、実際のところこういうやりとりがあってしかるべき年齢なんだよな
男子寮生活だし
でもライナーはてっきりホモだと思ってました

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 13:45:20 ID:.IoLsL0E

ベルトルト「ただ痩せてればいいってものじゃないんだ」

ベルトルト「ガリガリの棒きれみたいな脚が美脚だと思い込んでる女の子が多いらしいんだけど、それは間違っている」

ベルトルト「ほどよく肉がついた脚のほうがいいに決まってるよね?」

マルコ「あ~分かる。太ももとかむっちりしてるとエロい」

コニー「おぉ!なるほど!」

ベルトルト「まぁ、僕個人としては筋肉が付いて引き締まった脚が一番いいかな」

コニー「筋肉ぅ?」

ベルトルト「そう。これはエロ本じゃないんだけど・・・」バサッ

ライナー「・・・キックボクシングの雑誌か?」

ベルトルト「うん。少しだけ女選手の写真が載ってるんだけど・・・」ペラッ

マルコ「わぁ。すごい筋肉」

コニー「ミカサとかはこれぐらい普通にありそうだな」

ライナー「確かにいい脚だな」

ベルトルト「でしょ?僕はこんな足で一度」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 13:45:51 ID:.IoLsL0E

ベルトルト「蹴られてみたい」

マルコ「」

ライナー「」

コニー「はぁ?そんなん痛いだけだろうが」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 13:47:39 ID:.IoLsL0E

コニー「う~ん、筋肉とか蹴られたいとかはよく分かんなかったけど脚の素晴らしさは伝わったぜ!」

ベルトルト「本当?よかった」ニコニコ

ライナー「な?マルコ・・・こいつと俺は趣味が違うんだ・・・」

マルコ「うん・・・なんかごめんね・・・」

ベルトルト「コニーはどんなのが好きなんだい?」ワイワイ

コニー「俺はエロければなんでもいいな~」ワイワイ

ベルトルト「じゃあこれとかは?」ワイワイ

コニー「おぉ!いい太もも!」ワイワイ

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 14:10:27 ID:.IoLsL0E

コニー「そういえばお前ら、エロ本買う時ってどうしてる?」

ベルトルト「?どうするって?」

コニー「ほら、年齢とかで止められたりするじゃねえか」

マルコ「あぁ~」

ライナー「俺は堂々としてれば大丈夫だな」

ベルトルト「僕も」

コニー「えぇ~!?なんだよそれ!ずりぃ!」

マルコ「二人は大人っぽいからね」

コニー「ちぇーやっぱり背か・・・」

ベルトルト「それよりもレジが誰かを気にするなぁ」

ライナー「分かる。若いお姉さんなんかがやってるレジは避けるよな」

マルコ「おばさんとか男の人のレジに行くよね」

コニー「え?俺はむしろ若い姉ちゃんのレジに行くけど?」

三人「!?」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 14:11:13 ID:.IoLsL0E

コニー「おばちゃんのレジだと売ってくれないことが多いんだけど、姉ちゃんのレジだとなぜか普通に買えるんだよな~」クビカシゲ

ベルトルト「そりゃあ・・・」

ライナー「お前、いろんな意味でスゲェよ・・・」

アルミン「コニー、君、今日補習じゃないの?」ガチャ

エレン「教官めっちゃ怒ってたぞ~」

コニー「!?やべぇぇぇぇ!完全に忘れてた!」

アルミン「早く行きなよ。3分以内に来いだってさ」

コニー「うぉぉぉ!?お前ら!とりあえずまた後で!」ダダダダッ

アルミン「頑張ってね~」ヒラヒラ

エレン「大変だな・・・ってうわっ、なんだこれ?」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 14:27:33 ID:.IoLsL0E

マルコ「エロ本共有会」

ライナー「若干短くなったな」

ベルトルト「簡潔でいいんじゃない?」

エレン「うっわ、すげえな・・・」

マルコ「時計回りで、コニー、ジャン、僕、ライナー、ベルトルトのやつだよ」

アルミン「ふ~ん・・・あ、ライナーの見てもいい?」

ライナー「あぁ、その代わりお前のも後で見せてくれよ」

アルミン「もちろん!・・・あ、なんかすごい好みな気がする・・・」ペラッ

エレン「・・・これは・・・ジャンのか・・・?誰かに似ているような・・・」

マルコ「・・・・・・・」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 14:48:44 ID:.IoLsL0E


アルミン「僕のは大体ライナーのと同じ傾向かな」ペラペラ パタン

ベルトルト「二人のタイプは全く違うのに好みが被るなんて面白いね」

エレン「俺はエロければなんでもいいな・・・でもやっぱり巨乳かな」

マルコ「君はコニーと同じか」

ライナー「そろそろ二人のも見してくれよ」

エレン「あ、そうだな」

アルミン「ちょっと待ってね・・・」

カチャカチャ パタンパタン パカッ

アルミン「はい」バサッ

ベルトルト「ちょっと待って今の何」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 14:49:17 ID:.IoLsL0E

アルミン「こないだ抜き打ち検査があっただろ?あの時危なかったから隠すための仕掛けを作ってみたんだ」

ライナー「確かにこれは・・・よく調べないと外からじゃ全く分からんな・・・」

ベルトルト「純粋にすごい」

エレン「俺が言うのもなんだけど・・・座学トップの頭脳をそんなことに使っていいのかよ・・・アルミン・・・」

マルコ「エロの原動力はすごいものがあるからね。仕方ないよ」ポンッ

アルミン「仕掛けは大げさだけど入ってるものはそんなにたいしたことないんだ」

ライナー「いやいや!でも俺の好みにドンピシャだ。お前とは気が合うようだな」ガシッ

アルミン「だね!」ガシッ

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 16:01:04 ID:.IoLsL0E

倉庫

コニー「はぁ・・・まさか補習のうえ、倉庫の掃除までやらせれるとは・・・」トボトボ

コニー(早く帰ってエロ本みたい・・・)

コニー「よし!ちゃっちゃと終わらせるか!」

コニー「天才の俺様にかかればこれくらい!」

ウォォォォォォ・・・!

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 16:01:39 ID:.IoLsL0E

ジャン「あぁー疲れた・・・ん?なんか随分賑やかになってるな」ガチャ

マルコ「あ、おかえり」

ジャン「どれどれ・・・あー新しいのは全部金髪か・・・」

ライナー「なんだお前。金髪美少女いいじゃないか」

アルミン「そうだそうだ」

ベルトルト「そうだそうだ」

ジャン「バカかお前ら、黒髪こそ至高だろうが。あと美乳」

マルコ「まぁまぁ・・・人によって好みはあるから・・・」

エレン「えーと次は俺の番でいいんだよな?ほら」バサバサッ

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 16:03:37 ID:.IoLsL0E

ジャン「!?・・・お前、これは・・・」

エレン「実は俺もどっちかというと黒髪派なんだ・・・」

ジャン「エレン・・・!お前のこと、いままで誤解していた・・・!」ガシッ

エレン「お前のコレクション・・・良かったぜ・・・!」ガシッ

マルコ「嫌な和解の仕方だ」

アルミン「エロは争いすら無くすんだね」

アルミン(ていうかエレンは無自覚なんだろうなぁ・・・)

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 16:04:22 ID:.IoLsL0E

エレン「確かに基本的にエロければなんでもいいと俺は言った・・・しかし!黒髪は絶対に外せない!」

エレン「清楚さと妖艶さを醸し出す黒髪こそ最高のエロスだ!」

ジャン「おう!・・・・・・・ん?」

エレン「どうした同士?」

ジャン「お前・・・それじゃあどうしてミカサの髪を・・・」

エレン「はぁ?なんでここでミカサが出てくるんだ?」

ジャン「・・・・・・・お前、一発殴らせろ!!」

エレン「あぁ!なんでだよ!俺たち分かりあった仲じゃないか!」ヤメロ!イタイ!

ライナー「虚偽の安寧だったか」

ベルトルト「ライナー、それ微妙に違う」

マルコ「まぁこれはエレンが悪い」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 16:58:40 ID:.IoLsL0E

キース「スプリンガー、もう終わったのか」

コニー「はい!倉庫の清掃完了いたしました!」

キース「そうか。ならもう行っていい。明日の訓練に備えて休め」

コニー「はい!ありがとうございます!それでは!」ダッ

キース「うむ。行動が素早くていいな。倉庫も短時間でやったとは思えないほど綺麗になっている」

キース「・・・うん?ノート・・・?補習で使ったものか」バサッ

キース「・・・行動が早くても忘れ物があってはな・・・スプリンガーらしいが・・・」

キース「・・・今日は急ぎの業務もないし、特別に届けてやるか・・・」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 16:59:24 ID:.IoLsL0E

マルコ「で、とりあえず一通り出尽くした訳だけど・・・」

ライナー「性癖暴露大会だったな」

エレン「でもこんだけエロ本あればしばらくおかずに困らないな」

アルミン「発案者のコニーに感謝だね」

コニー「やぁーっと終わったー」ガチャ

ベルトルト「あ、お疲れ様」

コニー「補習の上、掃除まで頼まれてよーマッハで終わらせてきた」

マルコ「やっぱりエロの原動力すごい」

コニー「お、なんかエロ本増えてないか?」

ジャン「なんだかんだでこの部屋全員の出したからな」

コニー「おぉー!マジか!」

アルミン「とりあえず誰がどんなの持ってるか分かったからこれから自由に貸し借りできるね」

マルコ「だねー」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 17:00:10 ID:.IoLsL0E

ライナー「とりあえずアルミンのかりてもいいか?」

アルミン「いいよーそれじゃあ僕もライナーの持ってくね」

エレン「なぁ~お前の一冊貸してくれよ~」

ジャン「お前だけには絶対貸さねー」

ベルトルト「うーん僕はどうしようかな・・・金髪だから僕もアルミンのかりてくね」

コニー「俺はやっぱりマルコのすげぇ奴かりるわ!いいか?」

マルコ「どうぞ。・・・僕は今日気分じゃないからかりるのはまた今度でいいかな」

コニー「ん?そうなのか?じゃ、また今度な!」

マルコ「ありがとう。・・・ちょっとトイレ行ってくる」ガチャ バタン

アルミン「いってらっしゃい~」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 17:24:21 ID:.IoLsL0E

男子「・・・・・・・」

ジャン「・・・それにしてもこんなにエロ本ある光景ってちょっと異様だよな・・・」

エレン「なんか独特のオーラを放ってるよな・・・」

コニー「なぁ・・・俺すごいこと思いついた・・・」

ライナー「なんだ・・・?」

コニー「これ、床にびっしりに敷き詰めたら面白くね!?」

ベルトルト「!?wwンwwwwフゥwwwwブフwwww」

ジャン「ブフォwwwwおまwwwwバカすぎwwwww」

アルミン「wwww意ww味w不明wwwwwww」

ライナー「wwwやべぇwwwwww早速やろうぜwwwwwwww」

ベルトルト「やるんだなwwww今wwwwwwここでwwwww」

ライナー「ああ!!勝負は今ここで決める!!」キリッ

コニー「やめwwwwゴリラのキメ顔wwwwww」

エレン「うぜぇwwwwwwww」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 17:25:23 ID:.IoLsL0E

ジャン「とりあえず端から詰めてこうぜwwwww」

コニー「やべぇwwwwベルトルトの雑誌だけめっちゃ浮いてるwwwwwww」

エレン「wwwww場違い感ハンパねぇwwwwwww」

ベルトルト「ちょっとwwwwwそれも僕の大事なコレクションなんだからwwwwwwww」

アルミン「脚フェチヤバイwwwwwwww」

ジャン「スポーツ雑誌をおかずとかwwww」

ライナー「www腹wwwいwwwたいwww」

コニー「おい!見てみろ!黒髪・金髪・黒髪で並べてみた!」ドヤッ

アルミン「wwwwwwだからってwwwww何wwww」

エレン「ドヤ顔やめろwwwwww」

コニー「色合いにこだわった!」フーッ

ジャン「サwサシャwwwのモノマネか?wwwwwさっき会ってきたばっかりだからやめろwwwwwww」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 17:26:06 ID:.IoLsL0E

アルミン「あーwwwwお腹がwwwwwwww」

ジャン「マルコ戻ってきた時の反応楽しみだなwwwwwww」

ライナー「www床一面エロ本wwwwwww」

エレン「マジ意味不明wwwwww」

ベルトルト「wwwwwww壮絶wwww」

コニー「おいwwwwライナーww俺の貴重な一冊踏むなよwww」

ライナー「あぁwwすまんwwww」

アルミン「これで教官入ってきたら僕たち終わりだよねwwwwwww」

エレン「それはないだろwwww」

アルミン「wwwまぁねwwwwwwww」

ガチャ

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 17:26:36 ID:.IoLsL0E

キース「スプリンガーはいるか?補習ノートを忘れていr・・・」

ライナー「」

アルミン「」

エレン「」

ジャン「」

ベルトルト「」

コニー「」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 17:42:41 ID:/Rs.oZ/E

ああ・・・ああああ・・・・!!

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 17:44:17 ID:PKOP8xxk

アルミンが立てたフラグのせいだろww

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 18:15:28 ID:.IoLsL0E

翌朝

サシャ「あれ?今日はマルコ以外の男子はいないんですか?」

マルコ「あぁ・・・夜遅くまで外周させられて今は死んだように寝てるよ・・・」

サシャ「えぇ!じゃあその分のパンは私がもらっていいってことですよね!?」

マルコ「う~ん・・・全員飯抜きだから多分用意されてないと思う・・・」

サシャ「えぇ~・・・」

ミーナ「コニー以外が罰則になるのってかなり珍しくない?なにしたの?」

ユミル「大方エロ本見つかったとかじゃないの~?」

クリスタ「ちょっとユミル!」

マルコ「あはは・・・」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 18:16:01 ID:.IoLsL0E

コニー「マルコ!本当にごめん・・・!俺がふざけたばっかりにお前のまで・・・」ポロポロ

マルコ「気にしないで・・・あれはしょうがなかったんだよ」

コニー「でも・・・」ポロポロ

マルコ「また集めればいいだろう?僕は本当に気にしてないから・・・ほら、パン半分とっといたよ」

コニー「マルコォォ・・・」ポロポロ

マルコ「ほら、訓練始まっちゃうから・・・」

コニー「あ゛、あ゛りがどぅぅぅ・・・!」ズビー

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 18:32:08 ID:.IoLsL0E



マルコ(・・・・・・・)

マルコ(皆寝たな・・・)ムクッ

コソコソ ガチャ ソー パタン

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/27(金) 18:32:47 ID:.IoLsL0E

マルコ(やっぱりフェイク用意しておいて正解だったなぁー)スタスタ

マルコ(そもそも皆の持ってるやつじゃ全然抜けそうにないや)スタスタ

マルコ(まず部屋に置いとくのが危険だよね)スタスタ

マルコ(アルミンみたいに隠してあっても昨日みたいなことで一発でアウトだし)ガチャ

マルコ(トイレの個室に入って・・・)ギィー バタン

マルコ(天井の板を少しずらせば・・・)ヨイショ

マルコ(ふぅー・・・)ドッサリ



マルコ「今日はリョナ恥辱系にしようかな・・・」

おわり





マルコ「エロ本?」
元スレ

関連記事

テーマ : 進撃の巨人
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR