アルミン「ごめんね・・・ごめんね・・」【進撃ss】

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:08:17 ID:2eSjto2E



エレン「はは、ありがとな」


クリスタ「いえいえ。エレンからそんなこと言ってもらえるなんて、それこそ私からもお礼しなくっちゃ」


エレン「んじゃ、どういたしまして」ニカッ



『エレンって、いつも優しくて本当にかっこいいわね』

『意外と頭も良いし人気者で・・・』

『本当に理想の彼氏って人だよね!』

『ねー!クリスタが羨ましいわ』
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:09:03 ID:2eSjto2E



ぽとっ・・・・




アルミン「エレン・・・栞、落としたよ・・」


エレン「アルミン!ありがとな。ちょうど良かった!今日は訓練終わったら、2人でまた昔の話をしような!」

アルミン「・・・・・」チラッ



『アルミンって・・・・』ヒソヒソ

『そうよ・・』ヒソヒソ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:10:16 ID:2eSjto2E


エレン「それと、今度また
アルミン「エレン」


エレン「ん、なんだ?」


アルミン「僕はもう行くね。今日はその話には付き合えないや・・・」


エレン「そうか。じゃあ、俺も行くな」タッタッ





アルミン「・・・・・・」


『ねえ!アルミンって、たまに一緒にいるけどエレンとどういう関係なの!?』
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:11:49 ID:2eSjto2E


アルミン「・・・僕とエレンは昔からの幼馴染みだよ」


『そうなんだ!意外』


アルミン「・・・そう」


『幼馴染みなのに、全然似てないね。性格も体型も何もかも』

『ぷっ!そんな言い方失礼じゃない。あはは』

『やだ、ごめんね』


アルミン「・・・・・・」




アルミン「いいよいいよ・・・あはは」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:13:00 ID:2eSjto2E



僕は一昔前はエレンと比べられることが、いつものことだった


昔は僕のが頭良かったのに、教えていたら、いつの間にか僕より頭が良くなっていた


僕の唯一のものも無くしてしまった




もう何日も我慢してきたけど





正直、疲れた。




,
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:15:49 ID:2eSjto2E


エレン「それでは今から明後日の上官採用試験の合格祈願に行ってくる」


クリスタ「行ってきます」



エレン達は、明後日に迫った採用試験の合格祈願のため、神社へ行くようだ


僕には関係ないことだ。

僕は、なんの変哲もないただの調査兵団の1人・・・



ミカサ「エレン、クリスタに迷惑かけちゃいけないからね」


エレン「分かってるって」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:16:29 ID:2eSjto2E


アルミン「・・・・・」


エレン「あっ!アルミン」


アルミン「何・・・?」


エレン「これが終わったら、また
クリスタ「ダブルデートとかして、遊びたいね!」

エレン「え・・・」


僕に、そんな存在の人なんていないことくらい知っているくせに・・・・なんだよ・・


ミカサ「ダメ。アルミンはエレンと違うんだから遊んじゃダメ。この前の壁外調査では危なかったから、また基礎からやり直さなきゃ」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:17:51 ID:2eSjto2E


エレン「そうなのか?」


アルミン「・・・・うん」


エレン「でも大丈夫だぞ、アルミン。これが受かれば調査兵団としても上官として俺はお前に教えれる。だから安心しろ」


ミカサ「まだ受けてもないのに」


クリスタ「エレンなら受かるに決まってるよ!今期はミカサについで討伐数も高かったし」


エレン「ミカサ強すぎだって」


「「あはははははは!」」


アルミン「はは・・・・」


,
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:19:04 ID:2eSjto2E




アルミン「・・・このタイミングでガスを・・・・」カリカリ


アルミン「・・足の腱を切って・・・・・そのあとうなじを・・」カリカリ


ピタッ・・・


『上官として俺はお前に教えれる』



僕が君に基礎を教えてやったんじゃないか・・・



カリカリカリカリカリ・・・・
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:19:57 ID:2eSjto2E



アルミン「・・・・・立つ・・」



カリカリ・・・ガリガリ・・・・・



アルミン「・・・が立つ・・・・」



ガリガリ・・・



アルミン「・・・・腹が立つ・・・・・」



ガリガリガリガリ!!




アルミン「腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ腹が立つ」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:21:20 ID:2eSjto2E



バキッ!!



アルミン「アイツがいるせいで僕は一生・・・見下されて生きていくんだ!何が幼馴染みだ!何の血の繋がりもないんだよ!!」



アルミン「なんなんだ!神様は不公平だ!!ふざけんな・・」





アルミン「そうだよ。神様がいるんなら・・・人1人の願い事ぐらい叶えてみろよ」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:23:00 ID:2eSjto2E



アルミン「そうさ!・・・・神様なんだったら・・それくらい簡単だろ」





「エレンの人生なんて狂ってしまえばいいんだ」




『聞き届けたぞ・・』


アルミン「!」


「汝が儂を呼んだか・・・人の子よ」


綺麗な翼・・・いや、羽・・

・・・・・女の子・・・か・・?
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:24:35 ID:2eSjto2E


アルミン「君は誰だい・・・?」


神「儂か?儂は神じゃ」


アルミン「・・・・は・・?」


神「それでは、後で『お供え物』もらいにくるぞ」


アルミン「え?何を言っ・・・」


神「願い事の代償ぞ。それ相応のものを貰うからのぅ・・」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:26:14 ID:2eSjto2E


アルミン「はいはい。やれるもんなら、やってみれば?僕は子供の遊びになんかっ・・

神「了承した!契りを交わしたぞ・・・」


アルミン「・・・!?」


神「汝の願い聞き届けたぞ・・・」


『アルィミンッ!!』

アルミン「ッ!?」ビクッ


アルミン「あ、あれ?『アルミンッ!』さっきの女の子は・・『アルミン!!!』って、なんだよ・・・・うるさいな・・」


バタバタバタッ!!!

ミカサ「大変!アルミン!!」


アルミン「ミカ
ミカサ「エレンがっ・・・・」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:27:53 ID:2eSjto2E



まさか・・・


エレン「複雑骨折!?」


先生「路面が凍結してて、転んで手をついたときに指の骨を・・」


エレン「先生!!俺、明後日は試験なんです!」


先生「左手の捻挫も酷いし、右手は指が全て折れてます。後遺症が残る恐れがある・・・一年は調査兵団としていくことも難しいでしょう。諦めてください」


ミカサ「そんな!?」


エレン「今までずっと頑張ってきたんだ!!ずっと勉強だって訓練だってっ・・・」ポロポロ


クリスタ「エレン!来年頑張ろうよ!私は1年待ってるから」


ミカサ「そうよ。残念だけど・・・」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:29:56 ID:2eSjto2E




まさか・・・




エレン「本当だ!!ミカサ信じてくれ!」


ミカサ「エ、エレ
エレン「俺は王族の物品の盗みなんてしてない!!何かの間違いだ!」


ミカサ「お、落ち着いて」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:32:58 ID:2eSjto2E


エレン「誰かが俺がやったってでっち上げたんだよ!!信じてくれ!!!」



エレンの免罪は認められたが、みんながそれを信じることはなかった


エレンがやったという噂のが強かったからだ



アルミン「・・・・・・」



,
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:35:02 ID:2eSjto2E



まさか・・・



『・・・・聞いた?エレンの話』


アハハハ


『聞いた聞いた!この前の盗難事件あったけど、今度は痴漢疑惑だって!』


クスクス・・・


『やだまじー?きもっ』

『猫かぶりだったんだねーあはは!』


ミカサ「・・・・!」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:36:15 ID:2eSjto2E


エレン「ミ、ミカサ!聞いてくれ!俺はそんなこと
ミカサ「ご、ごめん。私・・・行くから・・」



『さすがに今回のはミカサも引いたらしいねーキャハハ』

『痴漢されたって人が多数あがってるらしいよー』

『そういえば誰なの?被害にあった人って?』

『しらなーい』


クスクス・・・アハハハハハハ!!


エレン「・・・・・なんでだよ・・」栞ギュ



キャハハハハハハハハハ!!!




アルミン「・・・・・・」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:37:47 ID:2eSjto2E



アルミン「・・・・・・あは」





アルミン「ははは。まさかじゃなくて本当だったんだ・・」



本当にあの子は神様だったんだ!!


あのエレンが・・・


あの完璧なエレンが!!





アルミン「ざまぁみろぉぉおおお!!!あっははは!!!!」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:39:28 ID:2eSjto2E




エレン「は!?クリスタどうしてだよ!」


クリスタ「・・・・」


エレン「突然、別れようだなんてっ!?1年待ってくれるって言ったじゃないか!」


クリスタ「・・・・」


エレン「もしかして、痴漢疑惑のことか?」


クリスタ「・・・・」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:40:33 ID:2eSjto2E


エレン「あんなの嘘に決まっているだろ!!俺がそんなことするわけねえだろ!?クリスタまで信じてくれなっ
クリスタ「ごめんね・・・」


タッタッタッ・・・・




エレン「クリスタ・・・・お前まで行くなよ・・・」


エレン「うっ・・・ううっ・・・・」栞ギュ


ポタっ・・・ポタっ・・・・・




,
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:42:33 ID:2eSjto2E



なんで僕はこんな所に・・・

どうして・・心配しているのか・・・・




アルミン「エ、エレン・・・もう一週間も部屋に引きこもりじゃないか・・・・」


・・・・・。


アルミン「開けるからね・・・?」


ガチャっ・・・



アルミン「エレン・・・・?」



アルミン「エレ
エレン「イラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイイラナイ・・・」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:44:50 ID:2eSjto2E


アルミン「ひいっ!?」


エレン「・・・・・」スタッ


アルミン「・・・・エ、エレ・・エレン?」


エレン「・・いまま・・・・・・がとな・・」スタスタ


アルミン「え・・・?エレンどこ行くの!?」


エレン「・・・・・・」スタスタ



ポトっ・・・・



アルミン「エレン、またこれ・・・栞、落としたよ・・・」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:50:20 ID:2eSjto2E



これは・・・



アルミン「いつも、肌身離さず持っていたよね・・・この栞・・」



これは・・・・昔、川原で・・・・・




アルミン「うわぁぁあん!!」


エレン「アルミンどうしたんだ!?」


アルミン「ヒグッ・・・あの大切な栞を川に落っことしちゃった」


エレン「・・・・流れが強いな・・・・」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:51:38 ID:2eSjto2E


アルミン「ヒグッ・・・ヒグッ・・」


エレン「アルミン、待ってろ・・・」


アルミン「エレン!?」



ザバッ!!!




『おい!!大変だぁ!!!子供が川で溺れてるぞ!!』

『助けろ!!』
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:53:35 ID:2eSjto2E




エレン「げほっげほっ・・・」


アルミン「エレン!エレン!!」


エレン「・・ほら、大切な栞だ・・・ッゲホ・・」


大人「おい!喋るんじゃない!!肺に水が大量に入ってるんだぞっ!」


アルミン「ごめんね!ごめんね!それはエレンにあげようと思って花を挟んで作ったのなんだよ!!ヒグッ・・」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:54:58 ID:2eSjto2E


エレン「・・・じゃあ・・・・これくれるのか?」


アルミン「うん!あげる!!あげるから、もう喋らないで!身体が
エレン「そうか・・・嬉しい・・ありがとな」




エレン「・・・・宝物にするぞ・・」







そうだよ・・・あの時のだよ・・
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:57:32 ID:2eSjto2E




アルミン「・・この栞は・・・・エレンの宝物・・・」



アルミン「・・・ごめんなさい・・・・・ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」



アルミン「僕は何をしていんだ!!エレンの優しさに何を嫉妬して・・・・」


アルミン「はッ!!・・・・紙?エレンの・・・・・」



ぴらっ・・・
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:58:33 ID:2eSjto2E



ミカサ、アルミン、父さん、死んだ母さんへ




今まで ありがとう。



本当にごめんなさい。



さよなら。





アルミン「!!!」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 19:59:29 ID:2eSjto2E




あと、アルミン・・・お前は俺と違って、頑張って強くなって・・・・


たくさんたくさん生きるんだぞ



ポタっ・・・




アルミン「・・・僕は」ポロポロ




アルミン「僕はなんてことをッ!!」ガタガタ




アルミン「エレン!!」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:04:02 ID:2eSjto2E






エレン「壁の上はこんな高いのか・・・」



エレン「・・・・・俺って・・弱いよな・・・・」ポロポロ




エレン「さよなら・・」



バッ!!ヒュー・・・・・
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:05:16 ID:2eSjto2E





アルミン「エレンッ!!ま、間に合えッッ



ヒューーー・・・・





・・・・・・・・・グシャッッ!!





エレン「・・ンッ・・ゲホゲホッ・・・・なんだ・・・・・・あたたかい・・・」




エレン「・・・・・・・え・・・」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:06:10 ID:2eSjto2E



エレン「・・・・あ、あっ・・・アルミン・・・?・・・・赤い・・・・・?」



・・・血・・・・・?



エレン「うわゎぁぁぁあああッッ!!??アルィミン!?なんでッ!?」




アルミン「・・エレン・・・・ごめん・・ごめんね・・・・」


エレン「喋んなっ!!」


アルミン「全部・・・全部全部全部・・・・・僕のせい・・・・」


エレン「お前・・・何を・・・・・」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:07:27 ID:2eSjto2E


アルミン「・・・でも・・よかった・・・・エレンが生きてて・・・」


エレン「アルミン・・・」


アルミン「本当にごめんね・・・エレン・・・・だいす




エレン「・・・・・アルミン?」


エレン「おい!アルミン!?・・・う・・そ・・・・だろ・・・・・?」



ポワッ・・・・


エレン「なんだこれ・・・アルミンの体から光が・・」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:08:06 ID:2eSjto2E


「この光は、その人の子の魂」


エレン「お前は・・・?」


「神の儂への『お供え物』・・・願い事の代償」


エレン「か、神・・・?」


神「人の人生を粉々に壊した代償は願い事をした本人の一生・・・命がふさわしい」


エレン「代償だと・・・」


神「ただ・・・綺麗な魂になって死ねて・・・・良かったよの・・?」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:09:03 ID:2eSjto2E


エレン「お前・・・お前・・」


神「何ぞ?」


エレン「神様なんだったら、このアルミンを助けろよ!!」


神「・・・・・・?」キョトン


神「滑稽よの・・。不幸におとしいれた張本人をなぜ助けようとする?」


エレン「そんなこと知らない!!関係ねえよ!俺のたった一人の幼馴染み・・・・親友なんだよ!!!」



エレン「代償が欲しいのなら・・・」




「俺の命を持っていけッ!バカ!!」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:10:26 ID:2eSjto2E


神「・・・・・」





明るい・・・天国・・?


違うね・・・・僕は地獄に落ちるべき人間だから・・・



あたたかい・・・なんか・・・・懐かしい・・




アルミン「!!」


ベッドの上!?
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:11:40 ID:2eSjto2E


アルミン「あれ?ぼ、僕・・・・」


エレン「すぅ・・・すぅ・・」ギュッ


アルミン「エレン・・・」


エレン「んんっ・・・・アルミン・・」ギュゥゥ


アルミン「・・・・久しぶりだな・・・エレンの温もりを感じるのは・・・・」ギュッ




神「・・・割に合わない代償だが・・」


エレン「アルミン・・・ごめんな・・すぅ・・・すぅ・・・・」

アルミン「いいよ・・・僕もごめんね・・・・エレン・・」


神「俗に言う『サービス』だ・・・くれてやろう・・」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/22(金) 20:14:18 ID:2eSjto2E


神「あと・・・記憶の消去なんて・・・私の力じゃ簡単なことだからのう・・・・」



神「人間は時として、神の心も動かす・・・か」



アルミン「栞に挟んだ花の花言葉はね・・・永遠の友情だよ」



アルミン「僕は昔の何もかもを忘れていたよ・・・・もう忘れないから」



「大好きだよ。エレン」


おわり







アルミン「ごめんね・・・ごめんね・・」
元スレ

関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

泣ける

泣けたよ。ミカサ信じてあげてよ。少しはさ。家族なのに。無理かもしれないけど。
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
PR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR